2007/03/20

スキーアルペン・ワールドカップニュース

アクセル・ルンド・スヴィンダル(NOR)初の男子総合優勝

スキーアルペン・ワールドカップニュース
〜アクセル・ルンド・スヴィンダル(NOR)初の男子総合優勝〜
【2007/03/20】
アトミックチーム、アクセル・ルンド・スヴィンダル(NOR)初の男子総合優勝!!
雪不足の中、行われた06/07ワールドカップは最終戦、最終レースまでもつれアクセル・ルン・スヴィンダル(NOR)が1268ポイント、同じアトミックチームのベンジャミン・ライヒ(AUT)1255ポイント、その差13ポイントで初の総合チャンピオンに輝きました。
これにより、アトミック使用選手が12年連続で男子総合クリスタルトロフィーを獲得しました。
アクセル・ルン・スヴィンダル(NOR)
アクセル・ルン・スヴィンダル(NOR)

今シーズンのアトミックアスリートはWC杯男女合わせて71戦中、41名のアスリートがトップに輝き(勝率58%)、93名のアスリートが表彰台を獲得しました。
また、各種目別タイトル争いでも7種目において、種目別総合タイトルを獲得しました。
アトミックとしては、過去最高の成績を残すことができ、レーシングのアトミックの強さを更にアピールさせたシーズンでした。
<アトミックアスリート総合成績>
男子総合優勝       アクセル・ルンド・スヴィンダル(NOR),
男子スーパー・コンビ   アクセル・ルンド・スヴィンダル(NOR)
男子GS        アクセル・ルンド・スヴィンダル(NOR)
男子SL        ベンジャミン・ライヒ(AUT)
女子DH         レナーテ・ゲッチル(AUT)   
女子SG レナーテ・ゲッチル(AUT) 
女子SL          マルリース・シールド(AUT)